読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOの規制に思うこと

「ポケモンGO」 運転中は操作できないよう変更 | NHKニュース

一定の速度で操作できなくなった。

この一件を元にして全プレイヤーは今までできていたことが出来なくなる。

制限を設けることによって、遊びは狭まる。

ドローンを使ってポケモンGOをプレイする人とか。それによって思いもつかない遊び、発見をもたらす機会は減った。

 

そもそも「交通事故」の大元の原因とは何だろうか?

【車】を運転した【人】が【不注意】によって【事故】を起こした。

 

この中の単語の内、不注意という幹から枝分かれした「要因」

スマートフォンのアプリ、ポケモンGOをプレイしていたため、不注意になり、

その結果事故を起こした。

 

そして、亡くなった家族の人が規制を要求。

ポケモンGOを運転中にプレイできないようにと。

 

僕はここで納得がいかない。

果たして本当にそれで交通事故は減るのか?

理由はスマートフォンには他にいくらでもゲームアプリは存在している。

というか、不注意になる行為なんて多種多様であり、無くすことは不可能。

例えば、電話しながら、よそ見しながら、寝不足で、他にいくらでもあるだろう。

ポケモンGOをプレイしながら、なんていう文脈は、不注意という単語に分類できる。

 

今回の行為の源は不注意だからだ。ポケモンGOが無かったら、他の不注意に当たる行為に代替されるのでは?

人→不注意→スマートフォンポケモンGO

ポケモンGOが変わるだけではないか?

 

だから、人の不注意から枝分かれした要因を規制するなんて、筋違いなんじゃないのか?効果があるのか疑わしい。

枝を切っても、幹がそのままなら、いくらでも事故という果実は実ると思う。

交通事故を減らしたいなら、他の大元である、車、人、行為を変えるべきなんじゃないのか?

例えば自動運転。

 

この一連の流れって、自分の家族が死ななければ起きなかったはず。

交通事故を減らしたいから、ポケモンGOを規制して欲しい。そう言う動機ではないと考える。

 

目的がポケモンGOによって起こる交通事故を減らすこと。

だが、そもそも不注意によって起こる交通事故なんて減らせるの?

 

つまり、動機は交通事故を減らすことではない。秩序を作ることではない。

家族が死んだ。これから想起されるものとは?

それが動悸だ。感情?

 

交通事故は一年に何件も起きている。道を歩いていれば、車に引かれて死んでも不思議ではない。

僕が言いたいのは、責任の所在、それを求める相手が間違っているのではないか?

ということ。で、これで今後、位置ゲーを作る会社が出てくる時の前例を作った。

 

これをモデルに世は動いていくと思うと、筋が合わずおかしいと思った。

感情によって動いているように思えた。

 

反省と対策、次やることを考える

 

昨日投稿したエトの朝について、よくなかった部分について考えてみる。

評判は良くないみたいだ。まだ判断は尚早なのかもしれないが。

 

激しくショックを受けた。

たった1つの事実に打ちのめされる現実。

これは避けなければならない。

 

反面、挑戦することへの足枷となってはならない。

 

・漫画家や絵描きに拘ること。この目標設定を下げること。

これが最善な気がする。

精神を安定させ、失敗を打ち払うか、気にしない。

要は、ショックを受けてひきこもってしまわないように、ダメージを抑えられればいい。

やはり、心持ちは好きで絵を描いている。

体裁は趣味で賞に応募する。

 

そして、受かったら良いな。そういうあやふやで、掴みどころのない気でいれば、ショックを抑えられる。

 

やはり、漫画家や絵描きを目指す心持ちでは、賞に落ちること。絵で評価されないこと。

一本道でハイリスクなんだ。ひきこもってしまいたくなる。

 

反省を始める。

・伏線不足(クライマックスを強調するため、高さを強調したコマがあれば良かった)

・猫が外に出る伏線もない。例えば、隙間を見ている描写のコマを配置するとか。

・原稿のままでは、唐突になっている感☓

・一人でいること。そして他者への渇望。これらをもっと強調するべきだった。

・そしてエピローグでは、猫の行動が女性へと影響し、前向きに他者との付き合いに移行していく。

そんなエピローグのが、この葛藤は強められたはず。

・猫の無意味なアクション。このコマも筋に合わせるか、キャラ付けになるような行動にすべきだった。描いた後、いいか。と流してしまった。

 

全体を通して練り込み不足だった。流れで、なあなあで済ませた。

そして、描きたくて描いたわけじゃない。面白いアイデアが湧いて、動作に肉付けするようなことが、ほぼ無かった。

ネームの骨子のまま、絵を描いた。味気ない作業が多かった印象だ。

これは間違いなく、モチベーションが低いことが起因している。

 

女性向け、漫画賞に向けて描いた。

この動機も、この漫画を描くことへのモチベーション低下の要因だ。

描き終えた後、見直して、前記した反省点は見つけることが出来たのにかかわらず、放置した。

平和の行方についても同じなんだが。

 

挑戦したこと。これが良点。

イラストコンテスト、見てみたんだが目ぼしいのがない。

ちょっとイラスト描いてみようかなと思う。今までにやったことがないことがしたい。

例えば、漫画のキャラを作るときに描く、ラフをきちんと清書するとか。

そして、これはいいアイデアだと思うんだが、描きたい場面をイラストで描いてみる。

 

そうして具現化した上で、世界観を持ってきて漫画作成に入るとか。

今までにやったことのない手法だ。

舞台にしろ、時代にしろ、キャラにしろ、事前にもっと掘り下げ、練り込んでみるとか。

 

今まで描きたいものは、曖昧な言葉としてあるだけだったから。

ぶっつけ本番で作画していた。

 

 

後は、失敗へのショック対策として、良いじゃないか。好きで描いてるんだから。

良いじゃないか。このまま新聞配達でも。

 

こう思うことだ。限られた漫画家、絵描きというものに拘ることもないじゃないか。

そう思ったほうが楽だ。

 

 

漫画を描き終えた

medibang.com

 

20代以上の女性向けの漫画。これを主題に据えて描いた。

色々思うことはある。実はココに思いの丈を連々と作文して、見直してみた。

ネガティブだったから消した。もういい。求めてはならない。

心の向くままに。ただ歩くのみ。ただ描くのみだ。

そして自分の労を労い、休むこと。これも大切。

 

次に何するのか、決めかねてる。漫画か、イラストを描くか、アシスタント応募するか、アニメーターか。

 

多分漫画を描くと思う。

自分でもコレは、カッコいい、悲しい。楽しい。美しい。彩り豊かな情動がある物語を描いてみたい。

それでは本日もお疲れ様でした。おやすみなさい。良い夢を見て下さい☆彡