短文

風呂を想う。

『風呂』 疲れた。重々しい身体を風呂場まで引きずるように歩く。 あぁ、俺の身体はこんなに重かったのか。 汚れた服を脱ぎ捨てると、貧相な身体が顕になる。 水が溜まって湯気が天井まで伸びている。見るからに暖かそうで、身が休まる思いがする。 きっとこ…