読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多作と才能。

www.lifehacker.jp

多作といえば、石ノ森章太郎先生が確か最も多作の漫画家として、ギネスブックに載っていたと思う。
才能とは継続する情熱のことである。と宮﨑駿さん名言BOTが言っていました。
埋もれて、死後評価される・・・なんて嫌だなぁ。


世に顔を出し続けることは大切なんでしょうね。
僕は練習に3000~5000時間は費やしたと思う。多分。
漫画に使った時間は3000時間位かな。
1万時間の法則はクリエイティブな分野には、当てはまらないっていう記事を以前、見た気がするけど目安にしてる。まだまだだなぁ。


バイトの時間を無くして、一日フルで漫画に使えれば8時間きっかり描く自信がある。事実半年くらいはそうしていたし。
週五日で160時間。キツイ時もあるけど、それより楽しい気持ちのが勝る。

1万時間描いた時、どんな絵が描けるようになってるのか、本当に楽しみだ。

絵ってのは今日より明日、明日より明後日。と日が進むにつれて良い絵(満足の行く楽しい、面白い魅力的な絵)が描けるようになっていくから。