mainichi.jp

教育?僕が学生時代に12年で感じた教師の印象は、数字の管理。
人を見て、接していると実感したことがない。故に信用したことは一度もない。

テストとか、暦、出席番号を管理してる印象。後は容姿が可愛いか、カッコいいかで計る色眼鏡を持ってた。

殴ってはいけないといいつつ、生徒を殴る。
体育の教師は、それが顕著だった。
こんなことは、教育委員会等に訴えるのが正しかったのかもしれない。
しかし、僕は無知だった。


病院での診療も同様。10以上は病院を回ったが、信用できたのは一つだけ。
何処も、一個人の人を見ていないと感じた。碌に症状を聞かない。
心身の状態を観察しない。表情を見ない。
僕は5、6年病院に行ってない。

 

教師はサポートで良い思う。教師っていう名前もいらないんじゃないか。サポーターとかで良い。

合理的な態度に徹する診療に行きたい。

けど、移ろいやすい人じゃ限界がある。だから、AIロボットに診断して欲しい。

むしろ、ドラえもんが良い←

学ぶ人のサポート。孫正義さんが田原総一朗さんと対談していた内容で、十分だと思う。学ぶというのはその人自身が実行することだと思う。