漫画家 松井優征&世界的デザイナー 佐藤オオキ を視聴して

どちらの方も知らないです。

松井さんのことは知ってはいるけど、漫画は読んだことない。後、下手っぴ漫画研究所 村田雄介著(読了)で登場されてたので、そのくらいかな。

 

面白い動画だった。弱者戦略。自分には才能はないってのは多分、才能って言葉にあまり執着というか、考える程興味関心がないからな気がするけど。

あと、才能って言葉に頼らなくても、自分は他で仕事ができるって自信の裏打ちな気もする。

肝心なのは、価値あるモノを出し続けるかどうかってことだろうし。

誰も僕のことなんて見てない。作品も。これには共感を覚える。おこがましいですけど。

 

僕のがデザインというほど、高尚なものではない気もするけど。

そもそもデザインの定義って何だ。

デザイン(デザイン)とは - コトバンク

目的を持って具体的に立案、設計すること。なるほど。

そんな僕がやってるデザイン。

デザインはゼロからは生まれないので、イメージ、モチーフを設定する。

後は自分の脳内で検索して、対象を選択する。それからヒットしたソレを観察して、模写なり創作物からヒントを集めて、形にしていく。大友克洋さんが、火事のアニメ作るとき、葛飾北斎の絵画を参考にしたと言っていた。余談。

それから、スケッチしてキャラデザなり、服のデザインなりって感じ。

 

武器とか、乗り物とか、星とかデザインできたら理想だなと思う。

SF描きたいし。現状は3D任せで作画だ。いくつも描いてけば、脳と身体に記憶されて、見ないでも描けるようになってくと思う。

 

それで、落書きでデザイン出来るようになるだろう。多分

 そうそう、今日バイトで稼いだ金で買った本11冊が届く予定。

一日中読み倒そう。それからクリスタ(クリップスタジオ)の参考書も見つけたので、折を見て購入しようと思う。