乱雑な本棚と中身

今週のお題「わたしの本棚」

乱雑に置かれてる。

僕の作業台は100枚スケッチブック5冊の上にペンタブレットを置くという形。

作業台(テーブル)の空きスペースに頻繁に読む本が5冊程置いてある。

それから左隣に本棚が二つ置いてある。

 

おおよそ高さ1,5m、幅50cm。奥行き30cm。

その中に見た順番に何の考えもなしに本は置かれてる。横に縦に。

整理整頓という一文字も見えない。だらしない。

多くの場合、人目に触れて悪い印象を与えるのは避けられないだろう。

 

面倒くさいんだよな。自分で把握してるし、他人が使うわけでもない。

僕以外誰も見ないし。アインシュタインだって乱雑な書斎だったと記憶してる。

 

この二つの本棚に積み込まれてる本は、イラスト、漫画の資料、教本がほとんどだ。

コスチュームの描き方、ジャック・ハム、ルーミス、漫画バイブル等。

 

加えてもう一つ本棚がある。

そこには小説各種が置かれてる。こっちは、ちゃんと整理してある。

シェイクスピアドストエフスキー老人と海、世界名作小説に選ばれたモノ、童話集等

そして全く読まない本は押し入れへ。

ゴルゴや釣りバカ日誌こち亀なんかも入ってる。司馬遼太郎のも少しある。

北杜夫とか。父のもの。

 

僕の所有する漫画本各種は猫がいたずらしない場所に安置してある。

ドラゴンボールz、エア・ギア等。全巻揃ってる漫画は一作品もない。

小さいころ、小遣いは全てゲームに使った。今持ってる漫画本は図書券や臨時収入みたいなもので買い揃えた。

幽遊白書、らんま、シャーマンキング犬夜叉。一冊ずつしか持ってない。

 

友人に借りて読んだスラムダンク寄生獣

そういや、全部読んだことある漫画って、その二つだけかもしれない。

途中までなら結構読んでる。

アイシールド21、デスノートボーボボとか世代のは大体。いちご100%とか。

学生時代、友人にジャンプを毎週買ってる人がいて、借りて呼んでた。

 

ちょっと脱線した・・・・話を戻して

 

それから僕が習作時代に描いたスケッチブックや紙。

これも押し入れのような場所に補完してある。量はスケッチブック15冊ほど。

あとコピー用紙200~300ほど。大学ノートは20冊くらいかな。

と100枚スケッチブック5冊

 

これで本の置いてある場所は全てかな。