猫の死

僕の姉が拾ってきた猫が死んだ。享年三才。

死因は何だろう?衰弱死だろうか。状況を整理してみる。

・猫は前代未聞の多数のノミに喰われていた。

・唐突な食欲減退、その後一向に回復せず。

・ノミの吸血による、身体中の小さな飛沫の血塊。

僕が観察したところ、この三点が異常な所見。

 

原因①

前代未聞のという形容詞からも読み取れる通り、

このノミによる衰弱というのは全くの予測外だった。

それにより、症状の特定が遅れ、打開策を打てないでいた。

原因②

猫はこの猛暑のために、避暑地を求め普段行かない外近くの土付近に寝そべっていた。

これにより、異常な量のノミによる吸血を許したと思われる。

原因③

居間にはエアコンがあるが、猫の忌避対象である幼児が占領していたため、

居間に滞在出来ず。これにより、原因②の普段行かない場所へ行ったと思われる。

 

素人知識から考えるに、死因は吸血虫からの感染症だろうか?

それにより、内蔵異常→食事不能

吸血だけで、食事不能にまで陥るとは考えづらい。

そうなると、何らかの感染症を併発し、それによって内臓疾患。

したがって、食事不能。ではないかと思う。

 

以上で考察を終える。

 

猫の思い出

元々捨て猫で、僕は飼うのは反対だった。

何故ならば、僕の家族は誰一人、動物の世話に責任を持てないからだ。

それは前例があり、はっきりしていた。

 

一例を上げれば、糞尿の世話、衛生環境の整備、餌の管理など

誰も気にも留めず、餌場にカビが生えたこともある。

そんな劣悪な飼育環境も手伝い、

猫の口腔環境の悪化も見抜けず、以前捨て猫を死なせてしまった過去がある。

 

そして、衰弱した猫の世話は僕と母を除いて、誰も関与しなかった。

これは命の軽視に他ならない。痛烈に自省し改めて然るべきである。その猫も姉が拾ってきたのだ。

 

であるから、反対の立場を崩さなかったが、

結局の所、僕の発言権は最弱で押し切られるように飼育することになった。

 

猫の幼少期の世話は僕が行った。

飼うと決まった以上、捨て置けないと思ったからだ。

だが、今となれば安請け合いでしかなかった。

 

成猫となり、僕の部屋を出し、猫の世話をしない家族へと受け渡した。

すると、猫は偏った体型に変わった。

二匹いたが、一匹は太り、他方は痩せこけた。

これにより、無思慮な飼育が明らかだった。

僕には予見できたところ、事前に忠告したとおりになった。

だが、僕はその後口を出すことはなかった。

 

快くない結果に結びつくであろうことは、容易に想像できた。

情も芽生えている愛猫に対し、僕が飼育権を取り戻すことも出来ただろう。

 

だが、しなかった。責任ある飼育が出来ないという自覚があったからだ。

安請け合いし、猫たちの飼育、命に誠実ではいられないと判断した。

彼らの命を軽んじることは出来ない。

 

僕を親と思って懐いていたように思えた。

いやそうに違いない。僕の側にいつも寄ってきては、鳴く姿が今も眼前に浮かぶようだ。そんな愛猫も死んでしまった。

痛ましい、愚かだ。猫に対して恥ずかしくて顔向け出来ない。

僕は無責任な飼育を予見出来たにも関わらず、防げなかった。

 

結局の所、終始、自分自身の生活に昏倒していたのだ。

だからこそ、成猫以来関わってこなかった。

 

無責任、安易な飼育はこうした痛ましい結果を招く。

元を正せば、捨て猫という境遇自体がそれを体現していると言える。

自分が関わりたくなかったが、結局見捨てられない。安請け合いをしたんだろう僕は。

 

僕はこんな自分の愚かしさを教訓として、惨状を繰り返さないために賢くなりたいと思う、