二次試験で不合格を受けて

敗因を考える。

一次試験点数+二次試験点数=二次試験合格

一次試験合格者数79人。

二次試験合格者数49人。

つまり、30人不合格だった。

という式だとすると、私は二次試験(面接)の点数が低かった。またはマイナスに働いた。

学力を有していても、適正が低いという印象を与えたようだ。

私は対人コミュニケーションに自信を持っている。

そして、面接対策として参考書二冊、一問一答を記述、独唱で練習を重ねた。

加えて、学習塾にて講師と2日間、各40分ほど面接練習を行った。

自信があったし、手応えもあった。正直、明確に敗因が特定出来ない。

だが結果から、私は二次試験且つ合算で劣った。

帰納法

Aさんが私に相談事をしてきた。

Bさんが私を遊びに誘ってきた。

仕事においても同様だ。

故に私は対人コミュニケーションが円滑に行える為、自信がある。

演繹法

連絡先、プライベートな相談事、個人情報を話されるのは、

信頼されている証である。

故に私はコミュニケーションに自信がある。

 

私は面接において、コミュニケーション上マイナス要因を発生させた自覚はない。

滞りなく行えた。

失敗点は癖で住所を省略して書いてしまったことくらいしか思い当たらない。

適性についても、看護助手を二年やっている点から、低いというのも成り立たない。

 

定員から落とさざるを得なかった。故に成績順に落としたのではないだろうか?

悪く考えても、年齢と経歴くらいだ。

学習塾曰く、学力と適正を有していればあまり関係ないということだ。

 

考察しても学校の求める、資格取得、就労を達する人材に適わない人材と映ったとは考え難い。

一体何が敗因だったのだろう。

 

まとめると

・面接上、適正が低いと判断した。

・定員のため、合算した点数から該当順位以下を落とさざるを得なかった。

 

私は勝つために学力を伸ばすこと、他の学校を受けることも視野に入れるつもりだ。

無論、面接練習も計画を組む。

今回の結果を受け、非常に残念だし悔しい。

また不合格か。絵ではアニメーター、アシスタント、漫画家。

学問でも不合格を重ねる。恥を重ねる人生だ。恥ずかしい。人と接触すれば、私の事情は劣って映る。

そうして、人から遠ざけられることが恐ろしく、悲しい。

しかし、対面的な事情で人を区分けする人を私は好ましく思わない。

というか、自分を愛せずして人を愛することは出来ないだろう。

大切にもしない。なら良いじゃないか。こんな自分だが大切にする。

よって恥など、どうでも良いことだ。私の失敗を笑い、排他する行為に怯える必要もない。

目的は愛を見つけ、無ければ作り、両親を支えられるほど余力を持った人間になることだ。

現実で無ければ、芸術で表せば良い。

 

もともと、今の学力に満足などしていなかった。より学ぶ機会を与えられたと前向きに捉えたい。